自賠責保険は強制保険

自賠責保険は、国が交通事故の被害者の救済目的で行っているものです。バイクを公道で走らせる場合は、必ず加入していなけれ1ギなりません。

自賠責保険は強制保険

自動車損害賠償責任保険は、一般に自賠責保険、あるいは強制保険と呼ばれているもので、『自動車損害賠償保障法』という法律により、ナンバー交付を受けた自動車・二輪車・原付で公道を走行する場合は、必ずこの保険に加入していなければなりません(構内専用車は加入してもしなくてもよいことになっています)。

この保険は、交通事故により傷害を負った被害者と遺族に対しての救済を目的に、国が保障事業として行っているもので、これを民間の損害保険会社などが、事務代行や保険金支払い窓口として利便性を図るようサポートしています。

このような性格から、自賠責に加入しないまま自動車を運転することができないのは当然のことであり、車検対象の自動車は車検の際に自賠責が付いているかをチェックされることになります。

ただし、車検のない250cc以下の二輪車や原付は、このようなチェック機能がないため、自賠責の保険期間が切れてしまう場合があるので、保険加入の際に発行されるステッカー(保険標章)をときどき見て満期月を確認する必要があります。

期限切れになっていると、事故の際に保険金が支払われず、自分で賠償金を支払うことになるなど、大きな問題に発展します。

自賠責の証明書は運転するとき常に持っていなければなりません。保険期間を示すステッカー(検査標章や保険標章)も車体に貼っておく必要があります。

また、義務である自賠責保険に加入しないままで車やバイクを運転すると法律違反となり、5万円以下の罰金、違反点数6点で、1回の違反だけで免許停止となる行政処分上の罰則規定もあります。